U-K血の池地獄めくり

....................................................................................................................漫画描きの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完結編。

20061221181447
わあー昨日の『あの歌がきこえる』が島本和彦先生で
お題は松田聖子『瞳はダイアモンド』だったのですが
それを思い出しました四章のイントロで。そうかーわりと生なんだ。
とりあえずまた新たなハインリヒやジェットが生まれました。

原稿中ずっとNHKのBSなのですが、超・原稿になると音楽になります。
globeのLIGHTSいまでもまわしっぱなしで、ほどよく009脳です。
アタイがんばるよ!
アタイって。むしろ新しい。

ちょっと時間無くてパラ見なので
以下、完結編感想というか印象を。 展開はやっ!あっさり!
せっかくなので10巻くらい使ってやってほしい気がしました。
それか鬱展開少なめの半年or1年アニメ。キャラは平成で。
無理だ第一世代じゃないー
パラ見ですが誤植があったのでだいぶギリだったのでは。
スケジュール無理したんだろうなあ。どこも大変だ。

すごい独断なのですがジェットは髪の毛立ててなさそう。
イヤ、探偵は目立っちゃいかんしなんか生活がしょぼくれてるから。
ていうかハインリヒもなんかいい人っぽい。
瞳はダイアモンド。だめだ回る。島本先生罪だ!
戦時中や冷戦時代を越えてなかったらっつか
現代だとあの人あんなに普通の人になっちゃうんだなあ。
お前いったいどんなハインリヒ像持ってるかと言われますと、
もうちょっと変な人だと思っているのです。

そいやこないだアウグスブルグの駅で乗り換えました。
大きい駅というよりホームの多い田舎の駅。
ていうか電車来なくて他の番線から発車しおった。
やっぱアバウトぎみですドイツ国鉄。

二章だけ石ノ森御大が小説としてほぼかたちにしていたそうで
文体とかはご本人のエッセイまんま。
小説でも漫画でも、本になって読んでもらえて初めて
『作品』になれると思ってるのですが
時間を越えてやっと読んでもらえたんだなあと、
平成009からのにわかな私が言うのもあれですが
感慨深いのであります。
昔からずっと待ってた読者さんはもっとすごいんだろうなあ。

続刊では更に二次創作魂震える展開になるかなあ。
まずは仲間と合流してほしいのですが
それは最終巻か。
早く出ないかなーと表紙のエンボス箔押しをなでなでしながら
楽しみに待ってます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。