U-K血の池地獄めくり

....................................................................................................................漫画描きの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦沢直樹。

20070106191249
『PLUTO』004巻読みましたウランたーんウランたーん少ないよー
やかましいすみません。
ドイツのサラリーマンは皆ゲジヒトに見えました。
AIBOぽい捨てわんこメカとお茶の水博士のシーンで一緒に泣けました。
アトムが飛ぶシーンかっこいいです。

ってああーなんだこの見たまんまの感想は!小学生か!

浦沢漫画は感想描くのが難しいのです。
どうなるか展開全く読めないので、ページを繰りながら
ただ流され読むしかないというか。
書評とか書いてる人はものすごく多いけど、
あらすじと元ネタ紹介になってるのを
よく見かけるのは、なんとなく理由がわかるような。
今回も面白かったです。ううむそれくらいしか言えん。

毒舌どころかからかい口調さえ心底苦手なのですが
サイバラ先生の毒舌はなぜ気にならないんだろう。
『ゆんぼくん』とか描く人だからか。

次は『あしたのジョー』なんだろうか。
AERA COMICのインタビューで即興で009描いてらしたし、
完結編は浦沢先生でいいんじゃなかろうか。
なんかもうコミカライズしても文句言う人が
少ない漫画家なんて氏くらいしかいない多分。
だめかなー見たいなーきっとハインリヒが主役ですごくメカ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。