U-K血の池地獄めくり

....................................................................................................................漫画描きの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ、京都行こう。


都路里高台寺店の玄米茶パフェ。奥は白玉パフェ。

京都に行ってきました。
2年前まで住んでいたのですが、それ以来行く機会がなく
久々に遊びに行きたいなーと思ってた頃ではあったのです。
つか京都暑い!陽射し強い!
私の誕生日の頃は雪が降るもんだったのに…!

長いので続きは以下に。 事の起こりは3月3日深夜。
寝て起きてスッキリだし仕事一段落したし、
ネットチェックしたら思う存分グータラするぞー
あっふくからメッセージだ誕生日祝いかなー
『明日暇なら京都で遊ばない~?』

新幹線で1時間15分込みで片道2時間のほぼ広島寄り岡山県人への誘い方かそれは
イヤもしかしてまだ私が京都市内に住んでると思ってるのかそんなはずは
でもふくだからわかんないそんくらい思ってるかもしれない

などと2秒ほど考えましたが、仕事あけに京都とか言われたらうっかり遊ぶでしょう!
というワケで京都に日帰りしてきました。

三月の日曜だし混んでるかなーと思ったけれど花灯籠来週からだし
いくら暖冬でも桜まだだし、大学生以外はまだ春休みじゃないので
激込みでなく寂しくもなく普通のにぎやかぐあいでした。
ふくの弟くんは、京都は修学旅行以来なので「神社仏閣が見たい!」という
彼の希望により有名どころめぐりに決定。
大人になってから来る京都は、修学旅行のそれとは別物。あんなんで修学できるかい。
ガノタだったら京都国際マンガミュージアムのガンダム展に連行だったのですが
とくに興味ないようなので寺へ。
テラといえば『地球へ…』が土曜6時でバンザイです見れる!田舎でも見れるわ!

姉弟は横浜から弟くんの車で来ててネカフェで休憩しただけという強行軍。
渋滞と一方通行と高額駐車料金が基本の洛中を車で観光は無謀なので
電車メインで東西ハイライトめぐり。

洛中のどまんなか四条河原町スタートで祇園の花見小路を通って
JRAのお客さんの波にさからいながら清水寺へ。

京都駅から近いこともあって、午前中の清水寺は混みます。
空いた夕方の夕焼けを狙うのもアリですが、元気があるうちに坂を
のぼっておいたほうが安全なのでやっぱ午前がいいかと。
それに人が多いと「ワー京都来たなー!」と観光気分も盛り上がるってもんです。

清水さんの出口の池にいる亀。

体長40センチくらいの亀が本当に甲羅干しをしてました。
そりゃま5月くらいの陽気でしたもの甲羅も干したくなるかと。どんな3月上旬だ。
ていうかじーっと何か一点を見つめて動かない。
そして左の亀、なんでそんなナナメで落ちないの。

ぽかぽかあったかいどころか、上着脱いでシャツいっちょで汗かく暑さと
きっつい日差しの中、三年坂を降りて高台寺へ。

ありこちで変身舞子さんを見ました。
最近はコスプレイヤーもとい変身さんのマナーがよろしくないので
京都市が用意した観光舞子さんが清水寺の前とかにいるそうですが
今回はお目にかかれず。都市伝説?イヤ、以前京都市ニュースで見たような。
舞子さん姿ならば大股で歩いたりゲラゲラ笑ったりしてはいかんのです。
中身までなりきりっこしてこその変身なのだ!たぶん。

高台寺は秀吉の奥さんのねねが開祖のお寺さん。


ねねさんの好みかどうかは存じませんが、夜間特別拝観の時は
他の神社仏閣とは一線を画した派手っぷりです。ある意味必見。

高台寺前の都路里で一休み。

南座の近くの都路里はいつも行列なのですが、ここは穴場。
オープンテラス席で冷たいパフェが心地よかったです。だからどんな3月上旬だと。
テラス席の椅子にはちゃんとブランケットがあるのですが

えらいかわいいのがくっついてます。

八坂神社に南口から入ると、珍しくこってり盛装した巫女さんたちが。

なるほど、結婚式でした。

まさに晴れの日!おめでたいです。
そういや前にふくと歩いてて横浜の教会でも見たな結婚式。
こないだのドイツ旅行でもケルンで見たし、通りすがりに結婚式見るとラッキーな気分。

八坂神社から四条河原町へ帰って西へ移動。
途中、鴨川名物等間隔カップルの皆さん。

今日はいい感じに日焼けするにちがいない。

四条大宮の壬生寺へ。新撰組の舞台です。

SMAP香取くんの大河ドラマやる直前に来たっきりだったのですが
あいかわらず他の観光地とはちょっと客層が違ってました。
今だと銀魂とかいろは?

新撰組屯所の八木邸へ。

撮影禁止なので、ガイド後にいただけるお抹茶と壬生菜入り屯所餅。
作り立てなのでとてもやわらかかったです。

大河放映後はやっぱりずいぶんお客さんが増えたとのことで
以前よりガイドのおじいちゃんの説明が詳しくなってました。
大河の出演者芸能人の写真つきで解説してくれたり。
芹沢鴨役だった佐藤浩市氏の写真が出たときは心でニヤけてました好きなんです。
ひさびさに司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読み返したいーあの土方さんはかわいすぎ。
個人的には佐藤浩市氏が燃え剣土方さんのイメージだったなあ。

四条大宮から京福電車で嵐山へ。
嵐山というとパプワくんの友達少ない極楽鳥な人を思い出します。
途中の帷子ノ辻で「あっ北野線来てる!走って乗り換えなきゃ!」
と、一瞬思いました。北野線沿線に住んでたのです。懐かしいホロリ。

チンクルさんによく似た達磨大師の天龍寺へ。

お庭を眺めて妄想するもよし。いや妄想はいけないのか。
禅寺なので悟りを開くために庭を見ながら考えるのですが
「悟りを開きました!」というと「喝!」と叱られます。
「すみませんウソです開いてません!」というと「修行が足りん!」となります。
それが禅スピリッツ。

あぜーくらー

愛染蔵が倒産してたって知りませんでした。

大河内山荘へ。

ギアスの大河内さんちではないです。
ここはお寺ではなく往年の大スター大河内伝次郎氏の別荘で
莫大な財産つぎ込んで山一つをお庭に作り替えただけあって
素晴らしく風情があり、季節ごとに変わるさまざまな色を
見せてくれるお庭です。洛中も大文字の送り火の「大」の字も
遠くの比叡山も目の前の嵐山も一望できる、個人的に一番のお気に入りでオススメ。
お寺じゃないからか天竜寺~竹林から上がってこないのか
なぜかいつも空いてる不思議。いいとこなのになーもったいないなー

お抹茶&茶最中も付いてます。

晩ご飯は四条河原町の先斗町に戻って居酒屋へ。

キワモノメニューもとい変わったメニュー好きな一行なので
「寿司ピザ」につられてその店へ。
しかし出て来たのはなんかドリアピザみたいなもの。
なんか想像と違うー!生の新鮮な握りがサラダピザのように乗ってるのかなー
とかいろいろワクワクしてたのにー!

京都駅前、蝋燭を模した京都タワーがぽっかり京都駅ビルに映り込んでます。

遊んだ遊んだ!歩いた歩いた!
お寺さんや神社は砂利道や石畳が多いので、バリアフリーなどどこ吹く風と
歩きにくいことこの上ないです。京都観光は体力勝負です。

でもやっぱ京都はいいなあ。
これから桜の季節です。京都の桜は特別ですよーぜひぜひオススメ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。