U-K血の池地獄めくり

....................................................................................................................漫画描きの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西海岸日記/最終日

L.A.最終日。

高橋留美子先生の漫画だったら『どよ~~ん』という擬音がつきそうですが
L.A.のサンタモニカ・ビーチ。どこの梅雨の瀬戸内海だ、みたいな。

画像多いので、「続きを読む」からどうぞ。 .
.
7/5
最終日なのですが市内を回る『映画ロケ地めぐりツアー』へ。
旅行会社の日本人ガイドさんが車移動で1日説明してくれる
お大尽状態。ツアーなのですが他にお客さんがいないので
貸し切りワーイ!
まずはサンタモニカへ。

フォレスト・ガンプ』とか『スピード』とか
いろいろな映画の舞台で出て来ます。
個人的に軽シンでも出て来るのでマリナ・デル・レイに
引き続きそっと幸せ。しかしノン似のビキニのおねえさんは
いませんでした。そりゃまあ朝早いしこの天気ではトホホ。

フォレスト・ガンプのベンチ(スニーカーつき)

10年以上前に見たっきりなので、また見てみよう。
エビ獲りに行くのとかアメフトするのはよく憶えてる。

イルカは銅像でも幸せ笑顔。

ハトもぼんやりしてます。

この向こうには日本が。
ジェットがロケッツの試合で遠征してきたら
そんな事思うに違いない。
あと『スシ食いたい…大人のエビのマヨネーズあえ…』とかも。

「スピード」でバスが走ってたあたり。
あーこんなだったこんなだった!

キ、キアヌは?キアヌはいないの?!

最新作「ダイ・ハード4」でロケしまくられてる
空港のあたりを通ってダウンタウンへ。
L.A.の中心地で、でかいビルが伸びまくってます。
MI3」でイーサンがワイヤーつきでダイブしたビル。

ってそのシーン上海じゃなかったのか!
偶然にもこのロケ地めぐりでお世話になってる旅行会社が
入ってるビルなのでガイドさんがウッキウキで説明してくれました。
ある日ガイドさんが仕事して外に出ると、向かいの店々が
中国漢字の看板で埋め尽くされていたので
「あー何かまたロケあるのかな」と思って
スタッフの人に聞くとMI3だったと。
夜中に撮影したので撮影中は見れなかったそうですが
自分とこの仕事場が入ってるビルが大作映画に出ればそりゃ
ウッキウキなもんですわかるわかる(笑)

ダウンタウンはNYのマンハッタンの街並にそっくりです。
角を曲がるとタイムズスクウェアとか
セントラルパークとかありそう。

ゆえに、NYが舞台の「スパイダーマン」でスパイディがビルの谷間を
スイングするシーンや、3で空飛ぶハリーと戦う路地裏とか
ほとんどこのL.A.のダウンタウンでロケしたそうです。

そ、そうなのか…

何てことないトンネルですが

最近では「ダイ・ハード4」で車が吹っ飛んでくるシーンや
古くは「ターミネーター2」で少年ジョンをバイクに乗せて
T-1000から逃げるシーンほか、たくさんの映画やドラマに
使われてるとのこと。

移動してユニオン・ステーション。

レインマン」のラストのとこ。
ブレードランナー」の警察署。
そういやダウンタウンにあるブラッドベリビル行かなかったなー

とくにロケ地ではないですがその横にあるオルベラ街。

1781年、ロサンゼルス発祥の地。アメリカが独立したのは
1776年ですがその頃まだまだ西部は未開の土地だったそうです。


オルベラ街で現存する最古の家アヴィラ・アド―ベ。

1818年建造だそうです。200年近く前にここでエル・ポポラッチみたいな
人がいたんだなあ。


メキシコ風なのは最初にスペイン人提督が入植したとき
メキシコ人を多数連れてきて出来た街だから。
どこらへんがメキシコ風かというと
焼き立てタコス実演販売とか

なんか干してあるというかたぶん展示してあるそれっぽい服とか

花咲きまくってるし

めっちゃカラフルなウクレレっぽい小さなギターとか

お土産物屋さんが

よく見るとプロレスのマスク屋さんだったりして

マスク・ド・スミスのはないかなー

メキシコ行ったことないので、行きたい欲がむくむくと。
バハ・カリフォルニアはいつかクジラ見に行くよ!
国境の街でMIBごっこやT2ごっこをしたい。

移動してロケ地というよりスター豪邸めぐりへ。
きれいな湖を見下ろす眺めはつづら折りの車道からですが

マドンナのジョギングコースだったとか。
(道路は写ってませんミスった)
というのも、これがマドンナ邸。

壁しか見えません。家は森の中。左上の家はお隣さん。
今はマドンナの弟が住んでいるとか。
ハリウッドサインは街のハリウッドから見えたあそこですから
さぞかし家からの眺めはいいにちがいない。
木に覆われてますが。

そのマドンナ邸の裏にはハリウッドサインがドーン

ハリウッドサインが立てられたのは1923年。
高さ13m以上ありもとはこの土地の開発を手がけた
不動産会社の看板「HOLLYWOODLAND」でしたが
夢に破れた女優さんが「D」の文字上から飛び降り自殺をし
その「D」が13番目の文字だったことから縁起を担がれ
「LAND」が取り除かれ「HOLLYWOOD」になったという
いわくつき。

やっと晴れてきたのはいいのですがうすぼんやり煙ってます。

昨夜の独立記念日の花火の煙が残ってるそうな。
…花火に向いてないんだこの街は。

気を取り直して、山を降りてワーナースタジオへ。
バッグス・バニーがお出迎え。

スタジオ内部のツアーではなく売店に寄っただけですが
ハリーがいたり

ネオがいたり

バットマンスーパーマンなどDC系アメコミ絵の
グッズがあったりと楽しいです。

ERのオペ服は無駄に欲しかった(笑)


お隣にはネズミの王国が

ここで作られて…いや、ここで産まれているのです。
よーくみると小人さんが支えてます。

木で見えませんが七人ちゃんといる。

みたびハリウッドへ。

ジャック船長がくつろいでたファミマUSA版。
黒くて渋いです。中は普通のコンビニだけど
完全に日本式なのであっちの人には珍しい様子。

プリティ・ウーマン」でビビアンが住んでたアパート。

本当はホテルというかモーテルというか。
今はホテルではないそうです。

グローマンズ・チャイニーズ・シアター
昨日おとといは混んでてどれが誰やらでしたが
今日はちゃんと説明してもらいました。
ジョニー・デップ

ここぞとばかりにベータベタ触って来ました。

わージョニー指ながーい

マリリン・モンロー

古いうえに人気だけあって色が変わってます。
ヒールの右のほうが穴が深いのは、モンローウォークの
せいで股関節が曲がっていたため重心がずれて
まっすぐ立てなかったからだとか。

古いとこでは「風と共に去りぬ」のクラーク・ゲーブル

001の産まれた1960年に亡くなられてるのですが
今もここにスターの証が残ってるのです。
ジェットが拉致られるちょっと前かー

アーノルド・シュワルツェネッガー

わー州知事やっぱ手おっきいよー

やっぱりベータベタさわる。

ブラッド・ピット

サインだけとはずいぶん粋なことを。

今も最年少ぶっちぎりのシャーリー・テンプル

彼女の名の付いたカクテルなら飲めます。
もともと幼い彼女のために作られた
ノンアルコールのカクテルなので。下戸だから(笑)

チャイニーズシアター向かいのメキシコ風ファストフード
バハフレッシュ」でお昼。

何種類もあるサルサ取り放題。辛いのから甘いのまでどれもおいしいです。
ガイドさんオススメの牛肉ステーキとアボカドのブリトー。

しっかりしっとりして小麦の味と香りの強い
トルティーヤ生地に、牛肉赤身をアメリカっぽく
ガーっと焼いて胡椒きかせたステーキと
たっぷりのアボカドのワカモレにちょっと酸味の強いトマト。
ちょっと辛いチリソースやとろりと甘いマンゴーソースをかけて
いろんな味が楽しめました。
注文受けてから作るモスバーガータイプ。
ファストフードなのに冷凍食品、缶詰、電子レンジ調理、ラード、
化学調味料を一切使わず新鮮な生の食材だけで作ってるそうです。
これは日本に出店してもいける!むしろ作れそう。

んで午後は豪邸巡りへ。あれ…別に豪邸めぐりは頼んでないけど
ていうかロケ地めぐりツアーもう終わりなのかー
チャーリーズエンジェル・フルスロットルのグリフィス天文台とか
そこにあるジェームス・ディーンの像とか
マルホランドとか行きたかったな。
グリフィス天文台はそれだけピンで行こうと思ってたのですが
ここ数日天気がもやってて夜景もあまり楽しくないとの
ことなのでパス。まあまた次の楽しみにしとくのです。

パームツリーがナメック星のようです。
「L.A.が怖い」というイメージはある年齢以上の人には絶対
ロス疑惑のせいだと思う。

さてウエストハリウッドのビバリーヒルズへ移動して、その豪邸。
といってもなんせ敷地がでかいのでどの家も門しか見えませんが
パリス・ヒルトン邸。昨日チャイニーズシアター前にいたっけ(笑)

パパラッチがいるので本物です(笑)

パパラッチをパパラッチ。
ガイドさんが「彼女いま家にいるのー?」と話かけたら
「いるよー。もう出てくんじゃないかな」とのこと。
パリス嬢は自分ちの経営するアメリカ国内のヒルトンホテルには
やんちゃのしすぎで出入り禁止なのだそうな。
ていうかすみませんこの日まで彼女が何者なのか
名前しか知りませんでした。
そうかヒルトンホテルのご令嬢じゃったのかー

ジョニー・デップ邸。

わからんわ(笑)

レオナルド・ディカプリオ邸、トビー・マグワイア邸、
キアヌ・リーブス邸が向こう三軒両隣です。
なにその豪華ラインナップ。回覧板のサインがすごそう。ないか。





すみませんどれがどれだか忘れました。
プリウスが複数ある家がディカプリオ邸なのは間違いないです。
だってなんかもう次から次へとスター様住みすぎです。
ちなみにスター様は普段目立つリムジンとか
ランボルギーニとかには乗らず、レクサスとかフォード車とか
普通の車に乗り、自分で運転するそうです。
そういやハリウッドスター様の酔っぱらい運転とかよく聞くな。
ガレージに入りきらない車=出勤や買い物に使う車なわけで
スター様の車でも普通に路駐してます。

ガイドさんは仕事柄よくスター様と遭遇するそうで
「あのレストランで誰々を見た」とか
「この道はよく誰々が運転してる」とか
他にも街で出会ったスター様と一緒に写真を撮ったり
サインもらったりしてるのを見せてくれました。
ディカプリオは気さくでいい人らしい。

ジョニー・デップが所有していたクラブの
ヴァイパー・ルームの前も通りました。
ここでリバー・フェニックスが…涙
って写真思いっきり失敗してましたくっそう。
なので、全然関係ないですが近くのお店でも。なんかいい車だったので。


石造りなのでグレイストーン屋敷。

市内一望できる小高い山中にあり、すごく眺めがいいです。

ボディガード」や「ゴーストバスターズ」「幸福の条件
ラッシュアワー」「イーストウィックの魔女たち」「永遠に美しく」等々
他にも多くの映画でロケに使われたそうですが
私的には「X-MEN2」のラストシーンでウルヴァリンが歩いてくるとこや

「スパイダーマン」のオズボーン邸内部だというのでウッキウキ。

あーなんかあの変わった床の模様はスパイダーマン3で
ハリーとMJがダンス料理してたキッチンだっけかなーとか

あの暖炉の上にパパの肖像画があってハリーがパパと
話すとこだっけかなーと、なんとなくうろおぼえ。


ちなみにエグゼビアマンション外観はカナダのパークウッド・エステイト
というとこだそうなので、ワーそこ絶対いつか行くー!と
また行きたい国が増えましたさ!

このグレイストーン屋敷、もとは海運王が息子のために
1928年に建てた家だったのですが、今は人が住んでなくて
ロケ&観光専用になってます。
映画に使いたくなるのがわかるきれいな家です。

アメリカでは珍しい欧風の石造りで、地中海の田舎町のようです。
お庭もなんかもうすごいことに。

水を石で表すのは日本庭園みたいだけど

すんげーカラフルだわガラスだわなので、やっぱりアメリカです(笑)


スター様の豪邸揃いだったビバリーヒルズを離れ

なんかさらにセレブ(笑)っぽいホテルへ。

な、なんかめっちゃ高級そうな、なっがいリモが連なってます。
王族が使ったりするクラスのホテルだそうな。

アメリカドラマで私の大好きな「フルハウス」の双子たんが
今はこのホテルに住んでるそうです。
ホテルのロビー。なんで冷房きいててこの季節に暖炉燃えてるのか。

とりあえずパウダールーム(笑)

や、やっぱり布か!


ビバリーヒルズとはまた別のスター様豪邸地帯ベルエアへ。
キアヌやジョニーの家があるあたりが広尾ならこっちは田園調布か。
ホテル・ベルエア。

松田聖子がその昔アメリカ人の彼氏とフォーカスされたとこだそうです。

コテージで分かれているので別荘みたいな使い方をするとか。

そりゃまーこんな開放的だし観光客がスルスル入れるんだから
パパラッチもされるわな(笑)

庭の木々や花はもっさり生え放題に見せかけてすごく手入れされてて
きれいです。どこの南の島か。みたいな。

そしてパウダールーム。

布が…そういうもんなんだな…

他にもいろんな豪邸をめぐったのですが









もうどれがどれだか忘れました何この記憶力のなさトホホ。
ええと確か、トム・クルーズ、ベッカム、
ロッド・スチュアート、女性も何人かいたなあ…
ハル・ベリーはビバリーヒルズだったっけ。
最後のはヒュー・ヘフナーだった気がする。

最後の夜は友人がどうしても行きたくて
日本からネットで直接予約しておいたという
イタリアンレストラン「CICADA」へ。

友人にとっては「プリティ・ウーマン」でビビアンが
エスカルゴ飛ばすシーンのロケで、
私には「Mr. & Mrs. スミス」(※音出ます)で
スミス夫妻が踊りながらさりげなく大暴れするシーンで使ったお店。

BGMは「Fly Me to the Moon」とかのスタンダードな生歌で
きっと明日のスターを目指すであろうお兄さんのオンステージ。
友人の調べによると、日本語がわかる方が厨房にいらっしゃると
いうので呼んでいただくと、スゼイさんという方が。
私らより若いのでは。笑顔の可愛らしい女性です。
慣れぬ異国でちょっとお高いレストランでオドオドしていた
私達ですが、日本語が話せる韓国生まれ大阪育ちで親日な
スゼイさんのおかげでメニューも説明していただき
いろいろお話伺いながら楽しくお料理いただけました。

イタリアンだけど無国籍っぽく、おいしいものなら
何でもアリといった組み立てだそうです。
なるほど、メニューにズッキーニの天ぷらとか椎茸とか
バジルとワサビのソースとかがある。

初めてのお店だし、お値段もだけどまずこっちのフルコースは
量がムリに違いないと思い、テイスティングメニューといって
少しずつ5種類の料理を、といういわゆる「お試しコース」にトライ。
優しい…あまり食べられないし残すのも苦手な日本人に優しいよ!
アペタイザーに始まり、アスパラガスの冷たいスープ、
カレー風味ソースのエビ入りトルテッリーニ 、
ステーキor魚のソテー、デザートにこの店オススメの
チョコレートケーキとバナナケーキを友人とお互い
味見しながらいただきました。
少量のテイスティングメニューといいながらお腹いっぱい。
日本人女性にはちょうどいい具合だったと思います。
豪奢な内装においしい料理でBGMも楽しいし
L.A.に行った際はぜひオススメ。
アスパラのスープがすごくおいしかったので
ウチで次から次へと生えてくるアスパラ使って作ってみよう。

ていうか彼女が総料理長だと知って驚き。
そ、そんな若いのに!!アメリカってすげえ!!
いや、日本でも最近そういうお店増えたけど!
スゼイさんは来年L.A.にご自分のお店を開くそうなので
開店したらぜひ伺おう!と思っております。
その時は彼女の好きなカレーの缶詰をおみやげに
買ってかなくては(笑)

てなわけで幸せ気分でホテルに帰る時、タクシー運転手の
黒人兄ちゃんが降りるときに『どうもありがとう』と
えっらい流暢な日本語で今自分いったいどこにいるのか、みたいな
錯覚に陥るほど日本語三昧な日でした。

んで部屋に帰ると

あった!くれたよトング!
「トングを下さい」は「Please give tongs to me.」が正解。
すみませんやんちゃ言葉で。
あと「Tongs」が正しいのですが「Tong」だと「党」なのだそうです。
絵がなかったら何のプロパガンダかと思われたかもしれない。
絵は世界共通だ!
だったらなんで一日目はくれなかっ…ううっ

トングもらって嬉しかったのでお礼に絵を描いておきました。

アメリカだからこの二人(笑)

そういえば頼まれてたアメコミは結局見つからなかったので
かわりに買いあさったお土産。これで許してくださいゴメンよー

ワーナーブラザーズの水は私用。ワーナースタジオのおいしい水は
水道水の味でした。

翌日、お昼発の便なので空港で朝マック。
ベーコンエッグ&チーズのビスケットサンド。

な、なにそれ!グリドル以外に新しいのあったのか!
ケンタのビスケットをもう少し柔らかくしたもので
味のない厚焼き卵とベーコンとチーズがサンドしてあって
なんつーかこう、日本では無理かなーという感想。
ビスケットがぼそぼそな時点で日本人受けしないとみた。
去年胃をやられて以来スタバのコーヒーはちょっと濃く
感じてたので、マックのコーヒーが飲みやすく感じました。
歳か…歳なのか…

そんなこんなでアメリカ西海岸サンフランシスコ&
ロサンゼルスの旅はおしまい。
そう遠くない先に、また行きたいと思います。つか行く。
アメリカは、なんでかいつもなんとかなる国なのです。
まあそれ言っちゃどこの国行ってもそうなんですが、
英語できないけど単語ひろえばロクに学んでない私でも
何とかなるのです。指差し会話本もアメリカはいらない。
イヤ、次は持って行こうかな一応。気弱。
住むとなるとたいへんそうですが、旅行者には
優しい国なのですアメリカは。


そういえば機内食。最近どこもおいしくなった気がする。
海外発の帰国便が。日本発は火を通し過ぎ。
食中毒予防なのはわかるのですが、そこまでせんでも。
行きの赤魚の煮付け。

エコノミーで文句言うのもあれですが魚がぱさぱさすぎて
ちょっと残念。正直、国際線も空弁持ち込みでいいのに。
食中毒とか飛行機乗ったらそっちの国とか事情は
わかるんですが。ねえ。

帰りのうな丼。これが当たり。
ごはんもうなぎも柔らかく味付けも甘めで好み。

昼食のパスタと冷やし中華。両方麺か(笑)

珍しくゆで過ぎじゃないパスタでおいしかったです。
機内食のパスタがおいしいと思ったのは初めてじゃなかろか。
がんばれ国内発!

成田に帰ってきたら七夕でした。
カウンターに置いてあるアメまで七夕っぽい(笑)

L.A.からの帰りはとくにモエ数字もなかったのですが
乗り継ぎの成田-伊丹の席がモエ数字でしたワーイ!


梅田のホテルに泊まったのですが、レディースフロアの
花がかわいいのです。



おしまい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。