U-K血の池地獄めくり

....................................................................................................................漫画描きの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道旅行記/1日目


神戸でゲットして北海道にまで連れてったグリフォンが
手に持ってたミスドのエンゼルクリームと、本物比較。
めっちゃリアル。100円ガチャでこのクオリティはすごい。

てなワケで北海道まとめ。
ほぼ画像なので、「続きを読む」からどうぞです。

.
.
前乗りで神戸泊。
神戸の観光地トアロードにあるホテルで「英国調な部屋」とやらで楽しみ
だったのですが、確かにロビーとか

廊下のインテリアとか

異人館のようでステキなんですが

部屋の中はなんとなく遠くに写ってる水道のカランで察して下さい。
平日一泊6500円に期待した私がアレでしたわな(笑)
シャンプーとトリートメントはいい匂いでよかったです。

三ノ宮のあたりをうろうろしてました。
入った店はイエローサブマリン他おもにオタショップですが。
だ…だって地元にはあまりないんだもの…!


昔の映画の書き割りみたいですが、お店。

ハロウィンのかぼちゃランプ。なが!

川背さんオススメの居酒屋さんで串揚げ。

そういえば壷に入った大量のソースにどぷっと付けて食べる
関西風串揚げはあまり食べたことがない。
すんごい軽くサクサクに揚がってて、あつあつの衣に
じゅわっとしみこむ甘酸っぱいソースがおいしいー!


高架下にいた豚肉料理屋さんのブタさん。か…かわいい…
高さは005くらいあります。


そんなこんなでいきなり北海道ー!
新千歳空港から苫小牧方面の白老町という
アイヌ文化伝承をがんばってる町へ。

世界の車窓から。遥か彼方に青森とかアメリカとか。

水平線はいいなあ。瀬戸内にはないので珍しい。

アイヌの村を目指していたら湿原が!

なんかこのまままっすぐ進むと中ボスの待つ館へ行きそうです。

雲も空も色が鮮やか。
同じ田舎なのになんでこんなにウチのほうと色違うのか。


湖出現!ヌシは?カムイはどこ?
無理に青くして神秘的っぽく演出してみました。


本当はこんな色。

岡山や神戸では半袖いっちょで充分なくらいでしたが
北海道では冬コート着用。秋まっさかりです。

雪虫出た!ほんとにふっさふさしてる!!毛?毛なの?川背さん撮って撮って!

ちょうど北海道行く数日前に雪虫の存在を知ったので私大喜び。
水色っぽい虫で、羽根の下にふわふわの毛が生えてます。ぼ、防寒?!
雪虫が発生すると、一週間後くらいには初雪が降るという
お知らせ虫なのだそうです。無防備でかわいい。


静かな湖面です。ヌシ出そうにない。
私の想像するヌシは「うしおととら」のあやかしです。あばよ、あやかし!


木彫りのクマです。
小熊だっこしててめっちゃかわいい良い表情。
ただし大きさは5メートルくらいあります。トーテムポールの一部だから。

アイヌ村だ!チセ!チセ!クマ!クマ!アンヌムツベ!

ここはポロトコタンといいます。アイヌ語で「大きな湖の村」の意味。
もともとここにあった集落を復元したのだそうです。
イヨマンテという動物好きにはちょっとしょんぼりな儀式とかも
ありますが、文化のひとつなのでここは割り切る。


従業員さん、ちゃんとアイヌ装束。長い袖と裾が楽そう。
貸衣装もしてました。

雪が積もりにくそうな段々の屋根。
同じ茅葺きでもずいぶん本州のと形が違うなあ。
同じ国なのに環境違って日本面白い。

集落のあるほうから見た湖。

ちょっと小雨がパラついたりしましたが
そのおかげで雲がめちゃめちゃドラマチックかっこいー

瀬戸内にはないので、もう白樺生えてるだけで大喜び。

アイヌ犬。北海道犬ともいうらしい。

中型で、精悍な柴犬みたいなイメージ。それはもう別物か。
なつっこくてかわいかったです。
毛並みよかったし吠えないので、ケージには入れられてたけど
ちゃんと散歩してもらってるにちがいない。


普通に鮭がぶら下がってました。
これ軽くあぶったらおいしいだろうなー

アイヌ民族博物館へ。

ここもクマでお出迎え。こっち見んなw

アイヌ衣装の紋様がかっこよくてたまらない。
なんでこんなん思いつくのか。アーティストは大昔からいるのです。

シュークリームとか白老牛とか買いに行く途中

この世の楽園かここは。みたいな。
なんかポツンと地中から生えてる煙突というか
マリオが出て来そうな建造物が気になったのですが
札幌市民のととやさんにうかがったところ、昔のサイロの跡だそうです。
ああ!上の丸いのが外されてるんだ!
てっきり地下工場で鮭の薫製とかつくってるのかと思いました。
んで、その熱で上の地面が年中暖かいので芝が青々と生えるから
いい白老牛が育つとか。すみません今考えました。

白老駅。

そんなこんなで白老ともお別れ。

乗り換えの苫小牧駅。

夕日がオレンジ色だと「あー日本だなー」と感じます。

晩ご飯は札幌の居酒屋「炙り屋」さん。
サイトの写真まんまの綺麗なお店で、すごく居心地いいです。

サンマのお造り。

北海道ではもう終わりかけですが、脂のってて新鮮でした。

鱒のお造り。

鮭を頼んだような気がしたのですがまあ問題ないです。
北の冷たい海で獲れた魚は脂乗ってるのに身がしっかりしてていいなあ。

じゃがいも!

北海道とドイツではじゃがいも食べなきゃダメでしょう!
ほくほくねっとりしたほんのり甘い芋に、溶けたバターと
とろっとろのクリームチーズを付けていただきます。
くかー!おいしいー!!なんでこんなに味違うのかー!
小さい頃はカレーのじゃがいもをよそうときに避けるような子供でしたが
歳とってくると野菜のおいしさがわかってきたような気がします。

ホテルのカードキー。

なんという部屋番号(笑)

そんなカンジで2日目に続きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。