U-K血の池地獄めくり

....................................................................................................................漫画描きの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・三丁目の夕日。

20071127210146
画像は続・三丁目の夕日のミカたん。
か、か、か、かんわいいーん!なにあの子、天使?!
デブ柴犬(子犬)との組み合わせはもうこのシーンのフィギュアを
作るといいよ海洋堂さま!と本気で思いました。

■ドラクエ4注文したら売り切れってメールが…
だったら買い物可能にすんなー!楽天ポイント3000円ぶんちゃんと返してー!

今は買うなという神様のお達しかもしれませんわかりましたよちぇっ。


以下、続・三丁目の夕日の感想です。
ネタバレはないに等しいですが一応。
「続きを読む」からどうぞです。 .
.
前作に比べるとキャラ個別にスポット当てたぶんエピソードが多く、
あっそこもうちょい余韻があれば…というとこがもったいないですが
相変わらず昭和世代の懐かしい記憶を突いてきてました。

火曜のなんでもない真っ昼間とあってか、9割のお客さんが白髪まじりのお年寄り。
まあ私も染めてなければ白髪まじりですが
リアルでブンガクさんや鈴木オートと同じ世代の皆さんばかり。
いろいろ懐かしいようで、車やら特急やら室内のアイテムやら
声をひそめて話しておられました。
普段映画館でネタバレするオタや全然関係ない話をするギャル等がいると
「ここはおまえんちのリビングじゃねえぞv」とイカイカしますが
お年寄りは気にならない。話す内容と声のひそめっぷりのせいかと。

前回は全員いい人ばかりでしたが、今回は少し暗部もあったりして
監督いろいろ描きたかったんだろうなあと。

吉岡秀隆氏はやっぱいいなあ。プロだ。朗読は神がかっていた。
コトーさんの時も思ったけど、素人の私にも入ってるのがわかる俳優さんだと。

のろける鈴木オートの漫画のような顔にも堤真一氏の本気を見ました。かわいいなあ。

ようし、ブンガクさんくらいがんばろう。

前作同様笑って泣いてすっきりする良作でした。

泣いたら気分かなり晴れた!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。