U-K血の池地獄めくり

....................................................................................................................漫画描きの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラその2。

青年同盟シリーズ読んでない方には面白くもなんともないですが
ジェットに続きハインリヒとジョーでやってみました。
振り返るのにいいなあこれ。楽しいの私だけだろうなと思ってたネタですが
雁さんが楽しんでくださったので書いた意味があったと思うですホッ。

青年同盟って何?とお思いの皆様、こちらで購入いただけます
どうぞよろしくですー。ああ新刊送らなきゃ。

インタビュー形式というか寸劇です。
苦手な方は一休さんの母上さまのように優雅にスルー推奨。

セリフで『……』が多いため誘い受けくさくてうざいですが
まあそういうキャラなのでカンベンしてくださいまし。

『恋人たちに50の質問』
配布元:幻想水滸伝FAN(仮様


まためっちゃ長いので下の『続きを読む』からどうぞであります。

20060108014205

.
.
Q01:まずは軽く自己紹介して下さい。二人のお名前は?
『アルベルト・ハインリヒ』
『島村ジョーです』

Q02:性別を教えて下さい。
『男』
『男……です』

Q03:生年月日は?
『9月19日』
『5月16日です』

Q04:血液型は?
『さあ 調べた事がないし 今あるのかどうか……な』
『人工血液はRhマイナスO型だから、ボク達皆O型だね』
『性格診断がアテにならない証拠だ 俺と002のどこが似ている』
『遠くはないと思うけどなあ』
『何?!』
『ううん 別に』

Q05:身長は?
『ちゃんと計ってないから知らん』
『そういえばそうだね』

Q06:二人の身長差はどれくらいですか?
『並べばわかるか こっちに来い』
『15センチくらい?そんなにあるかな あっきみクツのカカトが高い!』
『お前がぺったんこのクツだからだろう』
『ちょっとクツ脱いで!ああ、カカトと底の分で3センチはある!
 身長差は12センチくらいです!』

『何をムキになっとるんだ』
『……身長……もうちょっとほしかったから……』

Q07:馴れ初めを教えて下さい。出会ったのはいつですか?
『ボクが逮捕されて海に飛び込んで逃げて気が付いたら拉致られて
 手術されて001の声で目覚めてロボットとか戦闘機とか戦車に襲われて……ううっ』

『ああもういいだろう よしよし 次だ次』


Q08:初対面のシチュエーションは? どんな場所で会いましたか?
『出会ったというと その起動実験した島か』
『そうそう ハインリヒいきなり長い物に巻かれて』
『おかしな言い方をするな』

Q09:お互いの第一印象は?
『最後のお仲間がこんな子供だとは驚いた そういえば東洋人の子供を
 間近で見たのも初めてだったな』

『子供じゃないよ』
『そういう所が子供だ』
『ちぇ……白人は地元に米軍のベースがあるからよく見てたけどすごく……』
『何を言い淀んでいる すごく……何だ?』
『あの……お人形さんみたいだった ああ違うそういう意味じゃなくて
 フランソワーズと一緒に並ぶと 二人ともすごく綺麗で お似合いだなって……』

『お お似合いって お前達が並んでるほうがよっぽど似合うぞ
 あれだ アメリカの人形劇の赤いのとピンクのみたいで』

『じゃあきみは青くてクッキー食べ散らかしてるあれじゃないか』

Q10:出会った時に、恋人になると思ってましたか?
『えっ あ、あの…恋人……じゃない と思う……』
『……ああ 違う……な』
『どうしようハインリヒ、これ「恋人たちに50の質問」だって』
『別に いいんじゃないか?』
『え……』

Q11:恋の対象として意識し始めたのは、会って何回目くらいでしたか?
『だからそういうのじゃないって……それに出会ってからずっと一緒だったから』
『何かいろいろ順番間違っているからな 朝な夕なに顔突き合わせていた割に
 ちゃんと向き合って話をしたのはずいぶん後になってからだ』


Q12:片思い中に、相手に何かアプローチはしましたか?
『俺はしたぞ』
『ええっ な、何を?いつ?!』
『内緒』
『ま……また……』
『人の話をちゃんと聞いていなかったな?』
『き……聞いてたと思うけど……ええ?何?』

Q13:付き合い始める前に『もしかして相手からアプローチされてるのかな?』と思うような事は有りましたか?
『山ほどあったな』
『そっそんなに?!だってボクずっと相談してただけで……』
『お前の流されやすさには少々驚いたが お前は誘うのが上手いんだ』
『さっ誘うってそんな……!』

Q14:付き合い始めるのに告白は有りましたか?
『あった さらっと流されたがな』
『い……いつだろう……ていうか、きみは冗談と本音の区別がつきにくいよ』

Q15:どちらから告白しましたか?
『俺……だな』
『え……?お、憶えてないよ』
『冷たい奴だな 俺はお前に嘘はつけないと言ったろう』
『…………あ!!』

Q16:それは会ってから何回目でしたか?
『ずっと一緒に生活していたが その後ずいぶん長く
 離れていたからな 再会したという意味なら二度目か』

『え……あ う、うん……』

Q17:告白の言葉を教えて下さい。
『そんな事は人前では言えん』
『……あ、あれが告白……』

Q18:二人が付き合いだしたのは、何月何日だったか覚えていますか?
『告白した日だとするなら クリスマスイブだ』
『12月24日だね ハインリヒけっこうロマンチスト?』
『あ、あれはたまたまお前が俺を迎えに来て……!』

Q19:今、付き合ってどのくらい経っていますか?
『俺達に時間の概念は当てはまらない』
『ええと……夏にボクの皮膚組織に不具合があったのと
 冬は雪山に行ったのと……ちょうど一年かな』

『お前あんまり適当言うとあとで突っ込まれるぞ』
『誰に?』
『む……い、いやまああれだ 大人の事情というやつだ』

Q20:二人に質問です。お互いの家に行った事は有りますか?
『家というか何というか 有るという事になるか』
『きみのアパートにも行ったな 駅から遠いから大変だった』
『田舎は車社会なんだ 走ってくる奴があるか』
『一駅の間が長いし畑ばっかですぐ飽きちゃった でもICE速くていいね』
『タダ乗りしたんだろう 500キロ走ったってのはウソか』
『え……だ、だってドイツの新幹線乗りたかったから……』

Q21:二人に質問です。家族は二人が付き合ってる事を知っていますか?
『家族はいないから仲間だが 数人は知ってる……な』
『ええ?!ジェ、ジェットだけじゃなくて?!だ、誰!?ああっピュンマ?!』
『言ってもいいのか?後悔しないか?』
『う……い、いい……聞かない……』
『素直でよろしい』

Q22:普段のデートはどんな所に行っていますか?
『デートなんてした事ないね』
『そうだな どこか行きたいところはあるか?』
『車で遠出……がいいな 交代で運転出来るし 富士山を近くで見てみたいな』
『じゃあ東名で御殿場ICで降りて五合目あたりまで行くか
 それとも富士ICで下りて国道139号線を朝霧高原へ行くのもアリだ
 あそこにはいいホテルがある』


Q23:デートのプランはどっちが立てる方ですか?
『今の会話からすると 希望を言うのはジョー だな』
『でもプランを立てるのはきみだね』

Q24:何日に一回くらいの割合でデートしてますか?
『……言ってみただけ した事ないから割合なんて……』
『見ろジョー このサイト詳しいぞ 高速の料金は……っと』
『え そんな ちゃっちゃと調べて……』

Q25:待ち合わせに使う『いつもの場所』ってありますか?
『待ち合わせも何も 日本にいれば同じ家にいるからな』
『かろうじて言うなら……玄関?』

Q26:バイバイを言ってから、実際に帰路につくまで何分くらいの時間がありますか?
『そういうのはお前 あっさりしているな』
『だって 会って時間さいてもらってるの 迷惑じゃないかなって……』
『迷惑だったら会わん』
『そ……そうか……ゴメン』

Q27:会えない時は、どうやって連絡をしていますか?
『最近はもっぱらメールだな
 電話だといつもコイツ寝てるからタイミングが合わない』

『きみが時差考えずに電話してくるからだよ
 最初は携帯のメール苦手だったよね 「こんなちっこい
 ボタンでプチプチ打てるかーっ」て』


Q28:会えない時の連絡はマメにしていますか?
『どうだろう 誰とくらべてマメとするか』
『……きみはけっこうマメだと思う 仕事で世界遺産のお城や遺跡の
 近くを通ると必ず画像送ってくれるもの』


Q29:初めてのキスは何回目のデートでしたか?
『花畑のあれは……デート じゃないな』
『あ……うん それにそういう意味のキスじゃない……よね』
『じゃあ二度目のが最初か?』
『うーん……あれも最初のと同じ気持ちだったじゃない?』

Q30:ファーストキスのシチュエーションは?
『となると 三度目か』
『ヘンなの……』
『クリスマスイブの夜 ベルリンで雪の中』
『でも戦勝記念塔の女神像の肩の上って 普通ありえない場所だよね』
『連れてったのはお前だろう ティーアガルテンの森の中でも
 ちっともかまわんかったのに』

『だ……だって誰かに見られたらイヤじゃないか!』
『気にするな ベルリンはゲイが多い』
『気にするよ!なんで皆そんなにおおらかなのさ!』
『お前が神経質なんだ』
『神経質ってのはきみに言われたくない……』

Q31:二人それぞれに、ファーストキスの感想を述べて下さい。
『よし 三度目だがそれを最初と仮定する いいな』
『はあ……』
『今度こそ落ちたな と。戦勝記念の女神のおかげかもな』
『お……落ちるなんてそんな』
『……そうなんだよな 落ちてなかったんだよな……
 女神なんて信じるもんか!畜生しょせん女なんて……!!』

『ハ、ハインリヒ?!ハインリヒ落ち着いて!』

Q32:二人はケンカをした事が有りますか?
『ケ、ケンカとかはないけど なんかいきなり怒ってる事が……』
『どうせ俺は誰も幸せになんか出来やしないんだ!くそっ笑うがいいさ!』

Q33:ケンカをすると、どうなりますか? (怒鳴るとか喋らないとか殴るとか)
『あのっ、普段はこんなじゃないんですけどっ ちょっと意地悪言うくらいかなっ』
『ああそうさ女神は意地悪だ!神なんて信じやしない!』

Q34:謝るのはどちらからですか?
『……す……スマン ちょっと取り乱した……』
『だ……だいたいこんなカンジです』

Q35:ハインリヒに質問です。ジョーが他の人と何をしたら『浮気』ですか?
『むしろ俺と何かした方が浮気なんじゃないか』

Q36:ジョーに質問です。ハインリヒが他の人と何をしたら『浮気』ですか?
『浮気だなんて……ハインリヒに好きな人が出来たら それでいいんじゃないかな
 ボクはきみが幸せになってくれたら ……それでいい…から…』


Q37:二人それぞれに質問です。浮気した事は有りますか? 正直に答えて下さい。
『ない……な 俺は同時に何人も愛せるほど器用じゃない』
『……きみとの関係って 浮気……なのかな』
『それでいい』
『…………あり…ます……』

Q38:ハインリヒからジョーにイベント(誕生日やホワイトデー、クリスマス等)プレゼントは何をあげますか?
『そういうのは……ないな』
『そんな事ないよ ボクの誕生日の夜に 月のこと教えてくれた』
『ああ お前の誕生日だと知ったのが当日だったからな 次はちゃんとした物をやろう』
『あ……ありがとう……』

Q39:ジョーからハインリヒにイベント(誕生日やバレンタイン、クリスマス等)プレゼントは何をあげますか?
『何がいいかなあ 美術館のチケットとかクラシックのコンサートチケットとかどうかな』
『一人で行けと?』
『え……あ じゃあ二枚ずつ?』
『お前がオプションに付いてるなら 嬉しいんだが……な』

Q40:ハインリヒに質問です。ジョーから欲しいプレゼントは何ですか?
『そっ そういえば何か欲しい物があるって言ってたね 何?』
『もう お前さんにもらった』
『え……な、何だろう 何?ねえハインリヒ……教えて……』
『ああもうその雨の日に捨てられてる仔犬のような目で見るな!
 お前なあ、誰だって墓まで持って行く秘密の一つや二つあるもんだろうが』

『そんなに言いたくない……言えないものだなんて……ねえ 何だい?ハインリヒ……』
『やっやめんか!こらっゆゆ指をからめるんじゃない!』

Q41:ジョーに質問です。ハインリヒから欲しいプレゼントは何ですか?
『欲しいものなんて……いつもドイツからのお土産もらってるし
 ああこないだのチーズすごくおいしかったよ かたいプレッツェルも!
 もらったらいつも昼用に持って行ってるんだ』

『そうかスイスのチーズが好みなんだな プレッツェルはかため……と』

Q42:イベント日(誕生日やバレンタイン、クリスマス、付き合い始めて1周年等)は、必ず何かする方ですか?
『あまり一緒にいる事がないからな 
 そうだ、お前の誕生日あたりにメンテ予定入れておくか
 プレゼントも約束したしな』

『あ……ありがとう お返ししなくちゃね』

Q43:ハインリヒに質問です。ジョーの手料理を食べた事は有りますか?
『藤沢にいる時は交代で作るからな 
 お返しというなら 俺のためだけに料理でも作ってもらおうか』

『え……や、やっぱりソーセージ、皮に詰めるとこから作らないといけないかな
 パンもライ麦たくさん入れて焼かないとだめだよね おやつのお菓子は毎日手作り?』

『お前はお嫁さんに来る気か』

Q44:ジョーに質問です。ハインリヒに食べさせたい自慢の料理は何ですか?
『作れるのが張々湖大人に教えてもらった中華と あとはカレーかな
 自慢ってほどじゃないけど 炒飯は大人にほめられたよ 
 カレーは教会でよく作ってたから ああでも大量に作らないとおいしくないんだよね』

『俺はお前の味は好きだ』
『ええっそんな昼間っから』
『お前 俺をそこまでオヤジだと……』

Q45:二人に質問です。お互いのどこが好きですか?
『そうだな……身体は好みだ 具合もいい』
『やっぱりオヤジ……』
『性格や言動も面白いからな どうにも目が離せない』
『お……面白いってきみまでそんな……
 あ ええとボクはハインリヒの……ときどきくれる言葉
 すごく皮肉だったり意地悪だったりするけど 後から考えたらそれは
 とても的確で ボクの行く先を遠くまで見てくれているような……』


Q46:二人に質問です。お互いに『ここだけはどうしても許容できない、直して欲しい所』はどんな所ですか?
『遠くまで……か それはお前があんまりにもフラフラ流されてるから
 ついつい軌道修正したくなっちまうのさ
 お前が仲間を……俺を置いて遠くへ行くのは 我慢ならん』

『……どこへも行かないよ……皆の元から離れたくなんて ない……
 きみこそあまり日本に来てくれないじゃないか もっと一緒にいてほしいのに……』

『お前それ全員に言ってるだろ』
『え?そうだよ だって皆で一緒にいたいもの』
『お前のそういうところがどうしても許容できんわ』

Q47:二人に質問です。いつも思ってるけど躊躇って言えない『相手へのわがまま』を教えて下さい。
『ほー ずいぶんと楽しい質問だな いい機会だから言っておこうか』
『な……何 ニヤニヤして あっあのっしっ下着つけないで歩くとか
 皆いるのにえっちな事するとか 女装させて街歩かせるとか 目の前でひとりでさせるとか
 それを録画させろとか そういうのイヤだからね!』

『だからお前俺をどういう目で……』
『え……ええと あの 室内でセ、セーラー服くらいならガマンするけど……』
『もういい……お前は?何かないのか?』
『あ、あの わがまま…なんて…その……』
『何だ はっきり言え お前のわがままなんてたいしたことはない』
『……手 右手 さわっていい?』
『あ……ああ どうしたんだ……』
『ここ!親指の付け根の関節!汚れがたまりやすいから掃除こまめにしなきゃ!
 ボクが一番きみの関節の掃除をうまくできるんだ……!』

『おまえはどっかのガンダムパイロットか!』

Q48:二人に質問です。お互いの一番好きな体の部位を触ってみて下さい。
『手!』
『お前そういうフェチ……』
『あっ ご、ゴメン ついエキサイトしちゃって きっ きみは?』
『人前ではイヤなんじゃないのか?』
『どっ どこなのさっ!』

Q49:二人それぞれにこっそり質問です。二人はこれからどのくらい続くと思いますか?
『さあな……俺が飽きられるまでは このままなんじゃないか……な』
『このままじゃいけない……って思ってる 誰も傷つけたくないし 傷つけられたくもない
 だけど 終わる時がきっと来る たぶん そんなに遠いことじゃない……』


Q50:最後です。声高に相手への想いを熱く叫んで下さい。
『さっ 叫ぶ? それはちょっとなあ……』
『30才になるとそういうの恥ずかしい?』
『は……恥ずかしいというか若すぎる行為というかキャラにないというか
 ええい まあたまには叫ぶのもいいだろう くそっ叫ぶぞ
 俺は好きで老けこんでるワケじゃなーいーっ!!』

『気にしてるんだ……』
『やかましいっ ホラお前もいっとけ ぐーっといけぐーっと』
『そういうとこがオヤ』『何だっ!』
『いえ別に 行きまーす
 えっちな意地悪しーなーいーでーっ!』

『こっ こらっはしたないっ!!』
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。