U-K血の池地獄めくり

....................................................................................................................漫画描きの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点滴先生。

20060519195724
画像はいつも卵を買うお米屋さん。
なまこ壁の古い建物で、しっくいが剥がれてたりしてめっちゃレトロ。
卵は小さいけど黄身がオレンジ色でこんもりってるおいしいやつなのです。
これでケーキを焼くと生地が濃いたまご色になっておいしそう度アップ。

■咳とか鼻水が止まらないので、以前お世話になったお医者さんに行きました。
『熱は今ないね。咳は?』
『日曜頃からずっと』
『鼻水は?』
『同じ頃から』
『目ずいぶん充血してるね』
(それは久々に朝までゲームやってたからかも)
『じゃ点滴打ちましょう』
またです。以前イタリア旅行直前にも体調崩してここで点滴打ってもらいました。

そんなに体力落ちてるのかなあ食欲あるし買い物とか出ても平気だし…
と、注射のあとぼんやり点滴受けてたら、次の患者さんが。
私より少し年上かなーくらいの奥様です。

『熱は7度2分。咳は?』
『ありません』
『鼻水は?』
『出ません』
『じゃ点滴打ちましょう』

オィイー!!先生あんたもしや点滴打ちたいだけなんかー!!
とつっこみたかった。

どのキャラでも最後必ず同じエンディングになるロマサガ(無印/スーファミ)を思い出す。
どんなフリーシナリオ病院だ。

母いわく『あそこの先生はすぐ点滴打つから…』だそうだけど、
そんなにぽんぽん打つもんなんだろうか点滴。

そういえば『動物のお医者さん』の漆原教授はすぐ毛刈りをしようとしていた。
あそこの病院に行くと毛を刈られるぞーと動物達の間で噂になるほどに。

まあそんなもんなのかもしれない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。