U-K血の池地獄めくり

....................................................................................................................漫画描きの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーたん。

20060524043002
ハリーポッターと謎のプリンス〈上〉読みました。
ネタバレはたいして書いてませんが『自分が読むまではちょっとでも知りたくないの!』
という方は以下ご注意を。

原題が『HALF-BLOOD PRINCE』だと発表された時、邦題は『混血の王子』だよねー
と誰もが思っていたら結局『謎のプリンス』に。本書にわざわざ注釈で
「ローリングは翻訳に『Mysterious Prince』を使うことを許可した」
と記述してあるあたりまあいつもの『大人の事情』なんだろうなあというか
それに『混血王子』だとネタバレというか。
日本語の妙でハンケツプリンスとか読まれかねないから謎は謎でいいんだきっと。

まだ前半しか読んでないのですがなんか3巻までの頃みたいなのんびりムードで、
児童文学お約束のおいしそうな食事シーンやウィーズリー家のほのぼのシーンが
久しぶりに読めたのでそれはそれで楽しかったのです。
『糖蜜パイ』『バタービール』『とろりとしたオニオンスープ』
文字だけでおいしそう。いいなあ児童文学。

しかしもうあと6巻半分と7巻しかないのにいいのか大丈夫かこののんびりムード
と突っ込みたくなるのですが下巻に怒涛の急展開があるに違いない。
だって書き手ならラスト前の盛り上がりほど書いて楽しいものはないものー!多分。

マイスイートエンジェルハーマイオニーたんが相変わらず可愛いです。
そのままの天使でいて下さいお願いします。

そんなこんなで、読んでる途中でのレビューはいかんな。無理。
すみません猫抱きハーたん描きたかったのです。
クルックシャンクスもっと出ないかなー
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。