U-K血の池地獄めくり

....................................................................................................................漫画描きの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾旅行まとめ4


台湾のベタな料理メインな食事のため、
生野菜を食べるチャンスはホテルの朝食ビュッフェくらいなので
ごっさりレタスや豆苗をハムと一緒にパンにはさんでザックリ切って
即席サンドイッチ。赤いのはやっぱり甘いソーセージ。
赤くて甘いのは中華の焼豚感覚なのかもしれない。
横のは豚の角煮。朝から豪勢。

長いので分割しました。
というわけで中華風蒸しパンがあったので

お呼びとあらば、即!サンド。
ちょっとスプーっぽいけど気にしない。夜中にガチガチ動くに違いない。
とろりと柔らかい角煮と、ほんのり甘くてふかふか中華パンが
想像以上にバッチリでした。ちゃんと皮もついてる本格角煮なので
山岡さんや周大人にも怒られない。そういや最近周大人出ないなあ。

同じく朝食ビュッフェにあったおいなりさん&巻き寿司。
たぶん日本食を懐かしむ日本人宿泊客のために
寿司ってなんだかよくわからないけどとりあえず見た目を似せて
作ってくれたのがそのままホテルのレシピとなったのか、
肉だか魚だかわからない粉末一歩手前の甘いそぼろのようなものが
巻かれてました。


台湾の新都心にドンとそびえ立つ台北101ビル。

中はヒルズが広くなったようなというか
京都駅が白と金色になったような超未来。
店舗はそごうが入ってて、日本のデパートと変わらないラインナップでした。
 
コーヒーチェーン店『ダンテ』が入ってたので
チョコレートムースケーキとカプチーノ。
ケーキはしっとりでカプチーノも砂糖は入ってなく、日本にいるようでした。
マンゴースキーなせいかちんはマンゴーケーキ。
というか彼女はどの店でもマンゴーあらば即!マンゴー注文。
そんな彼女はカプチーノに砂糖で口を描いてました。

笑ってる!こっち見て笑ってる!!


展望台の高さは東京タワーのてっぺんより上。
 
山がすぐ下にあるのが不思議。

非常階段マークがなんかすごく一所懸命。
よそのは日本と同じマークでしたが超高層ビルだと急いだほうがいいからか。

 
耳の痛くならない超高速エレベーターのミニモデル。
 
なんかすわってるちっさいのは対震装置モチーフの101マスコットキャラ。
これのストラップとかあったら即買いなのになかった。
このビルは科学の粋が集まってます。ああ未来世界ここにあり。

 
展望台で展示されていたカエルの置物。

 
世界一高いトコでアイス。
私はアメリカンなベリー、せいかちんはマンゴー。
ワッフルコーンがすごくサクサクでアイスも良心的に詰まってて
甘過ぎなくておいしかったのです。


101ビルに行く途中にドーンといた先行者っぽい親子。

と思ったらもう一体!

アップ。
絶対中華キャノン撃てる。


日本にも支店のある小龍包で有名な鼎泰豊
せいろから勢い良く上がる湯気に、猫舌なので熱々なのかなーと
ビクビクしながら数分にらみ小龍包。なんとかやけどせずに食べられました。
おいしさ半減じゃねえかとお思いでしょうが、これでやけどしたらあとの
食事がだいなしなのですカンベンしてくださいまし。

醤油や酢をお好みで付けた針ショウガをのせて食べます。
たぷたぷとスープが入ってるので一口でがんばるのです。
横のは小さめの野菜まん。
まりっこいものってなぜこんなに愛しいのか。

野菜まんの中身はほんとうに野菜オンリー。

でかい肉まんと骨付き鶏肉のあっさり麺。
ここの食事が一番高かった。
台湾は高かろうが安かろうがほとんどはおいしく食べられる
ステキな国なのであります。
値段の差は食材の差よりもサービスや雰囲気なのではなかろうか。


予想外に鼎泰豊での食事の量が多かったので公園で一休み。
七夕っぽいカラフルな飾りがくるくる回ってました。
小龍包を食べている間ざんざ降りなスコールだったのですが
店を出るとスカっと晴れてさわやか。いいなあ南国。

 
台湾名物でっかいかき氷。対比は横のボールペンで。
マンゴー、キウイ、イチゴとマンゴーシャーベットが乗って練乳がけ。
氷の量は日本のてんこ盛りかき氷とそう変わらないと
思うのですが、のっかってるフルーツの量がハンパじゃない。
二人で一つでちょうどよいカンジでした。
フルーツが完熟でおいしいので(イチゴは季節はずれのため冷凍)
食後じゃなかったら現地の人のように一人一皿いけるかもしれない。


地下鉄の切符は広告の入った磁気カード。
同じカードになったのは二人いても1回だけという絵柄の種類の豊富さ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。