U-K血の池地獄めくり

....................................................................................................................漫画描きの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾旅行まとめ5


去年名古屋でやってたポ○パークが台湾に来てました。
ちょうど目のあたりが黒いので伏せてるカンジに。

市林夜市。
 
普通のフランクフルトの倍の太さはあろうかというソーセージ。
笹切りのように斜めにカットして熱々のをビニール袋に入れてくれます。
うわー環境ホルモン問題はまだまだらしいー

 
今回あちこちで見かけた日式沖縄風餅。
なんぞフランスパンでいう所のクープという3本の切れ目が入った
四角い田楽みたいなのがゴロゴロと鉄板に並んでいるのですが
味が見当つかない。これはもう食べるしかないのでチャレンジ。


焼いてる子がどう見ても中学生くらいのかわいい男子。
画像ではわかりにくいですが、焼いてる間日本の串団子のように
コテでくびれを付けようとしていたので、たぶん見た目を
串団子にしようとしているのかもしれません。
あちこちで見かける『日式』というのは『日本風』という意味だから
きっとホテルの朝食ビュッフェのなんちゃって寿司のように
見た目を日本風にしているに違いない。

餅は日本の餅でした。団子ではなくのびるやつ。
ちなみに私は人気ナンバー1だというカスタード味、
せいかちんはカレー味にしました。きな粉やあんこはないんだもの。
カスタードクリームは珍しく甘さひかえめでおいしかったです。
カレーソースはめっちゃ辛かったので、辛いもん好きならばOKかと。
カスタードで餅、カレーで餅というミスマッチは
あまり気になりませんでした。いけるいける。

 
餅の屋台の向かいでは子犬と仔猫を売ってました。
これは食材じゃない。大丈夫。値段は書いてなかったので交渉次第かと。
お互いが動くたびに仕切りのプラスチック越しに遊ぼうとするさまに悩殺。


暑いので路上のすみっちょでぺったりするわんこ。


肉まんと小龍包の間みたいなまんじゅう。1個80円くらい。
たっぷりの肉汁が肉まんの皮からにじんであふれ出るのです。
皮には刻んだ揚げにんにくが散らしてあって香ばしい匂いがたまんない。

 
バーミヤンでおなじみ愛玉。
レモン入りシロップですっきりさわやかおいしいのです。
ゼリーか寒天かと思ってましたが本物は愛玉という果実から作った
ものだそう。屋台のが本物かどうかはナゾ。
バーミヤンのは寒天代用と思われ。


なんかもうどこからつっこんでいいのやらなバットマン。
パッケージにはいくら同じ出版社とはいえスーパーマンと記され
しかも何故か別の出版社のスパイダーマンが描かれている。
なんだそりゃ信楽わび介の同人誌か。
そして銃を使わないはずのバットマンなのに銃がオマケに付き
しかも1本足りない。
そうか、どれか一人が本物なんだ!バットマンは基本的にコブシで闘うのです。

そしてアップは鼻の下に青ッパナ。こいつはきっと本物じゃない。
ウワーン!フランク・ミラーにあやまれー


UFOキャッチャーでは悠長に風呂に入っているアルベルト。
タライなのでむしろ市やんか。

なんかもうすんげー怒ってるのもいる。

手前向かって左のはハガレンのエドっぽい。


同じくUFOキャッチャーのトロたん。うわーなんかスゲー違うのがいるー


まりっこいバットマン。これはかわいい。ちょっとスパえもんっぽげ。


骨付き鶏肉をうすく開いてのばしたひらべったい巨大フライドチキン。
このサイズはあれだミトンだミトン。
塩胡椒のシンプルな味付けがおいしく、揚げ物があまりない屋台では珍しい存在。


スイカミルクドリンク。生スイカとミルクであっさり甘い。以外とおつな味。


市林夜市は屋根のある大きい建物にたくさんのお店が入っているエリアが
あって、そこには店ごとに番号がふられています。
コミケとかワンフェスみたいなもんです。


マンゴーかき氷。モンスターアイスと同じ巨大さでしたが
お店のおじさんがマンゴーをさらに2割増しくらいサービスしてくれました。
牛乳を凍らせた氷だったので、マンゴーと練乳でまろやかなトコに
さらにまろまろ倍増。これはすごくオススメ。

市林に行かれた際はぜひぜひ。屋根があるエリアの奥にあるかき氷専門店です。

 
台湾の空港にいたメイドインチャイナのロボット。
バーガーキングに続き、何も言わずに自らネタになってくれた
せいかちんサンキューなのであります。
パトレイバーとか好きなんだろうなあ。
大きさ的にメタルジャックくらいだろうか。中に人が入れる。
店内では40センチくらいので、二足歩行するのを売ってました。
画像の人型のと、恐竜型。
動かしたかったんだけどバッテリー切れてたっぽくウンともスンとも。


台湾の国際電話、009に続き006もありました。
しかし6が持ってかれてる。クツが片方残ってるのが
強奪した犯人の必死さを伺わせます。

こっちもか。片足残ってます。
そんなに6が欲しかったのでしょうか。
大人大人気。たいじんだいにんき。おとなおとなげとかも読めます。
それともさかさにしたら9だわvとか思った9好きがいるのでしょうか。
盗みはいけない。


空港のセルフスタンドで、北京語メニューが読めず番号が29だったと
いうだけで注文してみたらちまきでした。

ちまきと一緒に買った水。
大西洋って。遠いなー

ちまきはもちもちふんわりお米に肉や野菜が具だくさん。
夜市やコンビニで必ず香る独特の甘い香辛料がして、当分台湾とも
お別れだなーとシメ気分です。

今度は歴史の勉強して、でもって南の方も行ってみよう。
新幹線も乗ってみたいし。
台湾は日本に似て異なる、愛しい兄弟のような国なのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。