U-K血の池地獄めくり

....................................................................................................................漫画描きの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋祭り'06。

20061008192234
地元は寄島・大浦神社の秋祭りに行ってきました。
去年も書いたような気もしますが、こんな田舎の港町の
どこにこんだけ若衆がいたのかと不思議です。
こないだ町に初めて出来たコンビニの駐車場で日がな一日
たむろってるくらいしか若者はいないのかと思ってましたが
年に1度の晴れの日、青年達はイキイキキラキラプルプルしております。

港町なので船です。


祈りを捧げる時に代表のおじさんが舟歌を歌うのですが
『う~や~た~な~ん~た~ら~え~あ~ちょっとまって、あ~え~』
ざわ…いまちょっとまってって何…ざわ…

そんなこんなで賑やかに始まります。

3地区ぶんの御神輿・千歳楽そろいぶみ。

気合いとともに持ち上げて『まっせーまっせー』
隣国の『バンザイ』に似てますが無関係です。

競馬のお馬さんの入場です。

今年は京都や山口の大きな祭りにいつもの馬が出張してしまっているので
寄島の競馬神事参加は初めてという馬のため、朝と昼に行われた競馬は
ちょっとこう、競ってなかったどころかあまり走ってくれなかったそうです。
それ競馬じゃねえ。

そんな時にかぎって今年はうるう年のため走る回数が1本多かったり。
月の数だけ走るので普段は12往復、今年は7月が2回あるそうなので13往復。
がんばれ白馬たん。今年は横浜から馬の博物館の館長さんもいらしている。

夕の回の競馬はちゃんと競って走ってくれましたよかったよかった。


馬上から弓を射るのではなく、馬上で弓をつがえている矢の先に
的を持ってってそっと当てるという、あいかわらず
日本一ガッカリな流鏑馬もちゃんと当たりました。

今年もきっと豊漁豊作。
ていうか的を持っているおっちゃんが小学校の同級生だった。
私より背が低くて痩せていたのになあ。

一仕事終えた若衆の顔。

千歳楽の担ぎ手はほぼ10~20代の青年なのですが
実は数人おじちゃんも混ざっている。

イルカの風船が飛んでってしまいました。

嘉門達夫似の神主さんが終始アナウンスをしているのですが
『イルカが瀬戸内海に向かって泳いでゆきます!』と
ナイスアドリブ。さすが何十年もやってない。

屋台のお約束フランクフルト。今年のはちょっとしょっぱかった。


焼きイカ。デッドマンズ・チェスト見て以来ずっと食べたかった。


紅茶色のトイ・プードルたん。メロメロさわらせていただきました。


カワウソみたいですがミニチュアダックス。わんこ連れの人が多かったです。


新幹線連れの人もいます。


これでもかと秋っぽいうろこ雲。


そんなこんなで今年の大祭はお天気にも恵まれ
酔っぱらいのケンカもなく無事おしまい。
豊漁豊作だといいなあ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。