U-K血の池地獄めくり

....................................................................................................................漫画描きの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠い音楽。

20061112024301
画像は雛姫。知ってる人のほうがもう少ない。

カウントダウンTVで毎週恒例の過去のヒット曲のコーナーで
冬になると必ずglobeの『DEPARTURS』が流れる。
すると同時に、それを聴きながら描いた漫画を思い出すのです。
作中で一ノ瀬が『もうアンハッピーエンドは書かない』と言うのですが
描いた時は『一ノ瀬だから』なカンジで普通にさらっと描いたのですが
それ以降は私自身もハッピーエンドしか描いてないような気がします。

たまにひねりまくったダークなオチとか、
理不尽だけど現実ってこうよねみたいなオチ描こうとしても浮かばない。
なんか救われたりもとのさやに納まったりギャグオチだったり。
とにかくきっちり終わらないと気が済まないのはきっと
青年系エロ読み切り描いてた時の癖だと思います。
叙情的でないダークなオチや投げっぱなしラストはあまり許されないのです。
たまにエロなし青年誌とかオタ向け雑誌や小説でそういうオチを読むと
『いや、でもこのあと主人公は実は無事で恋人と幸せになるにちがいない』
とか脳内二次創作しまくりです。

…それは読み切り描きというより同人描きの癖では。

…………まいっか。

ダークオチとかやるせないオチとかは商業でも同人でもよく読みますが、
必ず作者の思惑以上にその先を考えてます。
平成ヨミ編とか。

■夢幻紳士【冒険活劇編】が届いて夢中で読み中。
ああーやっぱ濃いキャラ立てや美しいまでに完璧なプロットは
最初からなんだーすごいー!いつもこういうふうに描けたらなあー!
楽しみながら学んでます。いいわあ。

■テンプレお借りしました。
あっ右上のリロると変わる切手の素材がよく知ってるとこのだw
そういやエアメールって出したことない。エア小包はある。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。